Technology(技術紹介)


簡単に纏めた資料はこちらです。

■切削スピン仕上げ加工■

研磨スピンや研削スピンとは異なる仕上げ加工です。

切削による均一な挽き目(ヒキメ)に仕上げ、放射状に輝く仕上がりとなり、スピン仕上げの部類の中では最も光輝きます。

特殊な加工法のため、現在では切削スピン仕上げが出来る企業どころか人材も少ない貴重な技です。

一般的な挽物加工でのスピン目とは全く異なる仕上がりとなります。

(アルミ・真鍮・ステンレスに施せます)

(御要望が御座いましたらサンプルもお渡し可能です:送料ご負担下さい)

■切削鏡面カット■

内径または外形の円一周に施す事が可能な「切削加工による鏡面仕上げ」です。

研磨等とは異なり「精度が出る・磨き垂れが無い・超鏡面」が特徴です。

主に外観製品のアクセントとして使われます。

(アルミ、真鍮に施せます)

(鏡面部分は素材の色となります)


■特殊アルマイト処理■

独自に生み出したノウハウによるアルマイト処理です。

単色、ダブル(2色)など可能です。

特殊ノウハウにより、処理前の製品外観を極限まで損なわずに処理が可能です。

その方法により一般的なアルマイトの(曇り・クスミ)が発生しません。

(カラーサンプルを頂ければ何色でも近づける事は可能です)

(白アルマイトとは透明アルマイトの為、白色ではなく素材色に仕上がる事を指します)

(アルマイト処理はダイキャストを除くアルミ材に処理可能です)


■ナシジ仕上げ■

ハンドブラストによって細かい粒子を当てる事で生み出すμ(ミクロン)レベルの凸凹処理です。

ナシジ処理と呼ばれ、梨肌のような表面に仕上がります。

アルマイト等と組み合わせる事で艶消し効果にもなります。

また、表面の粗さや肌を整える為にも使われる事が多く「ダイキャスト製品」の仕上げにも重宝されます。

(粒子のサイズを選定する事で外観は色々な表情に変化可能です)

(材質は問いません)

■クスミ(スモーク)仕上げ■

一般的なヘアラインとは異なり、金属質感を生かしたままの研磨仕上げとなります。

外観製品として重厚感を生み出す事が可能です。

(アルミ・アルミダイキャスト・亜鉛ダイキャスト・真鍮に施せます)


■各種メッキ処理、窒化処理■

銅・ニッケル・クロームメッキ、18k・24k金メッキ、など各種メッキ処理が可能です。

外観を変化させる事に使われる事も多いですが、製品の品質向上や耐食性向上に処理されます。

下地処理までしっかりと行うことでメッキ肌の浮きやボツボツしたスポット腐食を最大限に防止する事も可能です。

(電気の通る素材であれば何でも可能です)


■インレイ加工(埋め込み加工)■

貝、木材、石などといった素材を製品表面へ埋め込む加工です。

他材との組み合わせによるコントラストがアクセントとなります。


■超仕上げローレット加工■

一般的な金属加工業としてのローレット仕上げでは仕上がりが悪く外観製品には使えないと言われてもいました。

そんな中でも弊社では「超仕上げローレット加工」として美しい仕上がりに加工可能です。

(ピン角、台形、ヒラメ、アヤメ)


金属・樹脂・木材など自社での豊富な材料調達と加工


他社製の既存品や失敗品の手直し&リメイク加工


・セミカスタムオーダー

(※1 既存のHATA製品を元に一部変化を付け製作)


・フルオーダー、ワンオフ品

(細かい打ち合わせを行い唯一無二の作品作りをお手伝いします)


・新製品開発&御相談

(※2 複数個/1Lot(形状による)の商品に限ります)

楽器・オーディオ・カー用品・イラスト等、広い分野で個人〜大手問わず、皆様の「こんな風に出来たら」を、金属・アクリル・木材等に【アルマイト・研磨加工・シルク印刷・白色・黒色レーザー刻印etc..】にて実現します。


※1 (要御相談)既に販売されているHATAの商品に一部追加工するサービス、

    最も安価で尚且つ個性を持った商品へ変化可能なのが魅力ですが

   「既存品寸法の最大値より大きくまたは既存の穴より細く等」の変更はフルオーダー扱いとなります。

※2 (要御相談・打ち合わせ)小量産の新規製品に製図から全面協力致します、

   フルオーダーとは異なり単価計算となる数量が前提ですので形状により最低数量は変動致します。