特注品や新作考案・販売予定情報など!

こんにちは!

今日の朝は、東京で初の氷が張ったというニュースを見ましてやっと冬っぽいなと感じました。

故郷新潟もかなり雪が積もってきたようで、
地元企業や父&兄が経営する工場もこれからは「雪かき」という作業に時間が取られる日々が始まるそうです。

結構な問題なんですよね雪かき。
単純に誰かがやらなければ下手すると屋根ごと潰れてしまいますし、
雪かきをやっている時間は単純に仕事の手を止めなければいけませんし・・・

地元ではそんな大変な中、私は新製品を楽しく考案中♪
ごめんなさい(笑)

今日は常連のお客さん繋がりでのオーダー製品を仕上げていました。
たまたま今品薄状態の弊社目玉商品、
・ローレットストレートノブ
の生産をしている最中の相談だった事と、
アルマイト処理前の状態だった事がタイミング的に良くて作る事になりました。

弊社での通常市販品では無い色のオーダー
・ピアノ金
という色で製作しました。

それがコチラ…


これも不思議な色で、見る角度によって濃淡変化します。
写真でいう側面のように暗めになったり、
天面のように明るくなったりですね。

実はコレ、2個しか頼まれていなかったのですが6個作ってしまいました。
というのも普段から何を作る時も「予備(失敗した時用)」を作るのですが、
今回は予備含めて全部無事にできちゃっただけです(笑)

当然余ったこの品は何か用途を探して使うとします。
今回御注文されたお客さんも可能な限り安く出来たとはいえ、
アルマイト処理のみ別ラインで仕上げる為、2個セットで1万円前後でした。
(アルマイト費用と材料や手数料のみで加工費は頂きませんでした)

さて、今日はもう1つ新作について・・・!

去年末に少し注目を浴びた製品
・オリジナルA5056アルミ完全削り出し筐体
です。

コチラは荒加工が終わったばかりの製品写真です。





改めて御説明致しますと、
こちらは贅沢にΦ130(直径130mm)の丸材から削り出し加工をして四角に、
そして中を繰り抜いて~という全てが±0.1精度の切削加工により削り出されております。

なぜそこまでするのか?
というのは、弊社製品を見ていただけると分かる通り全て綺麗ですよね?
(自分でいってしまってすいません)

それは、全てにおいてという訳ではないのですが、
「弊社の加工技術」

「弊社のオリジナルアルマイト処理」
という組み合わせに最もピッタリな好条件材料である事、

そして高密度な材料であること。
(粘りや強度が強く難加工である代わりに、不純物やスと呼ばれる空気も少なく良い表面仕上がりになる)

という事で選んでおります。
A5056材はこの特性規格を守る為に、特殊な製法で丸材生産しかされないのです。
(実際は2メートルの長さの材料だったりします。)

通常の企業でこのような形状の製品には間違いなく、ブロック材として存在する「A5052」を選ぶと思います。
その為、こういった角形状の品で弊社レベルの品を見ることは必然的に無かったのだと思いますし、

何より丸形状を角形状に仕上げるのは非常に高額なコストが発生するからです。

弊社ではA5052と同じ・・・
ではなく、A5052材からの加工品より更に低コストで作ってしまう技術があるので様々なメーカー様にも気に入られています。

何よりも見た目に拘る、仕上がりに拘るからこその材料ですね。
勿論他のA7000番材やAC材(ダイキャスト材)の加工も受け付けますよ。

今回はこの商品について、
・どんな風に仕上げるか
・どんな見た目にするか
・1つの完成品(エフェクター)まで仕上げよう

などなど考えていました。
後日の情報を楽しみにして下さい。

せっかくなので、
スペシャルな商品
として販売します。
(今回は2~3台しか予定しておりません)

筐体自体は一般販売ももうすぐ行われます。
興味の有る方はすでに御相談や詳細はお問い合わせ下されば御教え致します。

それでは、いつも見てくださりありがとうございます。
m(__)m

-HATA- T.Nakamura

畑精密工業株式会社 〒123-0865 東京都足立区新田1-4-6 TEL:03-3914-1451 FAX:03-3914-1452 金属や樹脂などの全加工、二次加工、各種処理など加工を行なっております。自社ブランド-HATA-の商品も監修・製造・開発・販売しています。個人オーダー等も気軽に御相談下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000