畑精密でのお見積りの中身と見積時の注意点など~

こんにちは!
かなり久しぶりのHATAブログ更新です。
(。>﹏<。)

さて、更新を休んでいた期間も、
デジマートさんデビューも行いニュースランキング一位にもなれました。
全ては興味を持って下さる方、そして応援して下さるファンの皆さんのおかげです。

感謝しております。
m(_ _)m

さて本日のブログ内容は、そんな弊社へのオーダーを行う時の見積りについてです。

どのように金額が見積りされているのか?


という事を説明していきたいと思っております。

それではある商品を私にフルオーダーすると過程します。
その中で見積りに影響してくる重要な点は以下の通りです。

・加工正式依頼~完成までの管理費(製図や採寸など)
・使用する材質
・大きさ
・材質ごとの適正刃物
・加工する機械の規模(小物用・大物用・3次元加工機)
・材質ごとの適正切削油
・人件費
・加工期間
・処理に使用する薬品の種類
・用いられる加工技術

こちらが主にお見積りに深く関わってくる事柄です。

数時間で作れるような簡易加工製品などの場合と異なり、
基本的に金属加工は時間がかかります。

まず説明する必要が無いかもしれませんが
・自分で出来ない事を行ってもらうには費用が発生する
というのは当たり前かとおもいますので省きます。

金属加工業同士の見積りの差が最も出る部分としては
機械への加工プログラム(刃物の動き)を作る事やその修正や補正、

技術面やノウハウ、
材質による適正な刃物選定と切削油の選定、

この①②が最も金額に影響します。

仮に弊社では1万円で加工出来る品も、、、

10万円や20万円となってしまうのは、不思議な事ではありません。
極起こりうる普通の事です。

加工技術とはそれほど重要な事で大事な事です。

そして、日本という国では特に人件費が見積りに影響してきます。
今、工場の技術者の日給は約8,000~13,000です。

特殊な技術を持った技術者(加工者)で日給2~5万円です。
(あくまで一般的な平均です)

一つの品に集中すれば、ある程度の簡単な品は一日で完成出来ますが、

工場というのは、
その他数百種類の品が動く現場ではまず不可能なので、スケジュールを組み、
他の品と同じタイミングで処理出来る品は行うなど工夫を行い価格を下げております。
(その為、急ぎ製作などの場合には別費用が発生します)

単純計算では、
・時給1,000円の作業者が10時間対応し、
・時間800円発生する機械を5時間使用し、
・一度の処理で10,000円かかる作業を行う

これだけで24,000円になると思います。
この金額へ更に材料や刃物費用や油、技術費や管理費が+されるのです。

良い悪いは別として、人件費だけはどうしようもなく、
人件費の安い某国へ仕事が流れていくのはそれが原因です。

この事から考えても今までオーダーされた方は特に分かって頂けると思いますが、
畑精密が、いかに次元の違う低コストで良品作りが出来ているのか?という事です。

基本的に全て技術で補っています。
「価格を下げるのも良い品作るのも技術」
これは口癖ですが、モノ創りは技術が全てです。
同じ国の企業に勝つか負けるかは技術次第です。

「あなたにしかできないことだから」と言わせられるほどの加工技術は、
もちろん価格にも仕上がりにも現れ、シッカリと結果を生み信頼を生みます。

弊社はあえて「他社にも見積りを取って比べてみてください」とお伝えする時がありますが、
それだけ仕上がりと価格に自信があります。

私が提出したお見積り金額でも高いと思った場合には、
どこかを妥協する以外に価格が下がることは難しいです。

既に全力の価格で提出しておりますので、
そのままの状態での値下げなどの交渉は一切不可能で、お断りさせて戴くことも御座います。

更に残念な事として多いのは・・・

残念ながら、その再(加工見送りの時)に暴言を言ってくる方や、
喧嘩気味に分かれてしまった方などは全て個人データを残し、

一生、二度と私や協力企業全社が対応する事も製作する事が無い仕組みを取っております。
(個人さん、企業さん関わらず)

後で気付いて謝ってこられてももう遅いというのが、あくまで私の世界です。
また、この世界に賛同して下さっている協力企業さんしかいません。
(全国に200社以上の協力企業)

過去に大手企業さんが、こういった事を起こしてしまい、
自社製品が止まってしまった事で色々ありましたが、
それほどまでに日本の生産というのは下請けが強いです。

企業間で言えば、
リーマン・ショックなどによる不景気時代以降、立場のピラミッドは逆になりました。
下請けが作らなければ品物は生まれない、生まれなければ売れない。
当たり前の事にいまさら気付いたようです。

発注者も受注者もフェアな関係、上下などありません。
同じ人間ですから。

これはプライドではなく、人間性としての話ですが、

・見積りで自分以外の誰かを使う、
・自分で出来ない事を誰かに託す、
・それら全てが無料で行われている、

多くの方は上記の事を頭で分かっているので、
「時間を使ってもらって申し訳ないですが、予算オーバーしていて今回は諦めます」
という風な言い回しをされると思いますし、私もしております。

それでも、喧嘩別れをされるような方とは良いお仕事が出来ないと知っているからです。

お金だから、客だから、下請けだから・・・
ではなく、私は一人の人間として御客さんと向き合う事が大事だと思っております。

長くなりましたが、もしこちらの記事を読んで頂いた方は、
弊社や他社に関わらず人と協力する再の何か参考になって頂ければと思います。

楽しく気持よくお付き合いする事は大事ですね!

それではお見積りの中身とお見積りの注意点でした~!
m(_ _)m

-HATA- T.Nakamura

畑精密工業株式会社 〒123-0865 東京都足立区新田1-4-6 TEL:03-3914-1451 FAX:03-3914-1452 金属や樹脂などの全加工、二次加工、各種処理など加工を行なっております。自社ブランド-HATA-の商品も監修・製造・開発・販売しています。個人オーダー等も気軽に御相談下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000